4月号もいってしまいました!

前回に続きYoung Guitarの4月号です。

一週間前に購入し年甲斐もなく読み漁りました。

理由はいうまでもありません。

画像


Neal Schonです。

自分が観に行った公演での機材です。

画像


GuitarはFenderが目を引く。

Relic仕様ではなく本物のVintage?

最近本人が手に入れたと書いてあります。

僕自身はVintageには興味がないが貫禄あるGuitarです。

そして足元は、やはりMastermind GTとMission Engineering
のペダルのみで、FractalのAmpの歪をコントロール。

画像


Amp類は一切なし!

※Kemperで取り込んだAmpの音色をFractalへ移植している模様

当面はこのシステムでいくんでしょう。

更に今回の号の中身は嬉しい限りです。

久々のJoe Satrianiの記事も。

画像

画像

画像


Ampは自分のJVM Signature Modelで、
またFractalも導入。

Fractalの歪を使っているのか分かりませんが、
空間系はかけているかもしれませんね?

そしてそしてSantanaも!

画像


実はこれら以外、Steve VaiやJeff Beckも載っていて、
正に至れり尽くせり盛沢山!

最近は知らない興味がないGuitaristばかりで、
今回は若き頃のワクワク感が蘇りました・・・

Young Guitarさんまたお願いします!
という感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント