FT-2Y

画像

こいつは生産終了となっFree The Toneの FT-1Yですが、
後継機FT-2Yの試作基板が出来上がった模様。

詳細はこれからでしょうが、ディレイサウンドが向上し
漸くLine Levelにも対応するようです。

現在、色んなハイスペックDelayが出ている中、
やはりStrymon Timetineが音質では最高峰!?

他にもEventide H9シリーズもあり、競争相手が多い。

そんな状況でFlight Timeはどうやって存在感を出すか?

日本製ならでわの痒い所に手に届くような操作性と音色、
音質しかないでしょうね?

Flight Timeの音色は結構アッサリ気味でtcのG-Forceを
思い出します。

クリアで透明感はあるが、音の濃密さはそこまでない。

ただし、Modulationをかけると広がり感はでる。

最近クリーンカッティングやアルペジオも増えてきたので、
Modulationを強めに設定してたものも入れています。

Live前でもパラメーターを瞬時に弄れ使い勝手が良いし、
BPMアナライザーも個人的には良い。

FT-2Yのディレイサウンドの向上はホント期待しますよ。

ついでにChorusの代わりになるぐらいModulationも
アップグレードしてほしいものです。

発売時期はまだ未定のようですが、発売されたら入れ替え!

夏頃かなぁ~???

待ち遠しい~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント