テーマ:写真

Powershot G7 Xのケース

先日東急ハンズで見つけた吉田カバンのモバイルケースです。 マチは薄いもののソフト素材なのでG7 Xが綺麗に収まる。 やはりジッパー式よりも断然出し入れがし易く楽です。 コットンとコーデュラナイロンで織られており風合いが良い。 丁度柔らかなデニム素材のような感じです。 正面には大きなポケットもありバッテリーや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超小物

これまで使ってきたデジカメストラップですが、 デザイン的には良いが、いかんせん紐が細い。 Canon G7 Xは意外と重量がありちょっと心もとない。 色々物色しVanNuysのストラップをポチッてみた。 このストラップの持ち手部分は帆布で非常に丈夫そうで、 また肝心の紐は芯入りで直径1.5cmと十分。 引張り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こなれてきた3

昨日、逆光の場所でG7 X内蔵のNDフィルターを ONにして撮ってみた。 フロントガラスを見るとかなり光が差していることが わかると思います。 NDフィルターは光量を落として適正露出にしてくれるので、 明るい野外では絞り開放時に使う頻度も増える。 ただ、残念なのはG7 XはAUTOでないこと。 後継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こなれてきた2

G7 Xで一通りライブメイン機材を撮ってみることに。 アーティステックに撮らずそのまま普通に素人撮りです。 今回はSuhr CustomとMusicman LⅢ編。 楽器の場合、白などの色が薄いものは”くっきりカラー”の 設定の方が陽の光をあびたときのように綺麗な質感がでる。 また、ピックガードの模…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こなれてきた

先日から格闘中のPowershot G7 Xに結構こなれてきた。 露出補正は当たり前ですが、測光モードの使い方も重要。 測光方式としては下記がある。 ①評価測光:画面を例えば大きく4分割等複数に分割し露出決定         (逆光の時に有利) ②中央部重点平均測光:画面中央部重点に画面全体を平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の小物

久しぶりに楽器屋さんへ行き小物を購入。 まず、弦はSITを買い増し。 Ernieballと何れにしようか迷ったが、やはりチューニング の安定性をとってSITです。 楽器屋店長も僕と同じ意見で、安定性ならD'Addarioの NYXLかこのSITと言っている。 そして店長に騙されたと思って、D'Adda…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試し撮りその2

今日はチビを連れてドライブに行く予定でしたが 諸事情で自宅でゆっくり。 で、先日からG7 Xで試し撮りをしていますが、 引き続き我が愛器を撮ってみた。 先日とはプログラムを”くっきりカラー”に変えてやってみたが、 やはり僅かに色が濃くなり全体的にくっきり撮れる。 灯りの少ない場所で撮ったので全体的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試し撮り

本日G7 XでいつものFX Boardを撮ってみた。 Pモードです。 ダイナミックレンジ補正、暗部補正、ホワイトバランス ISO全てがAUTO。 色調は色合い、コントラスト、シャープネス全て標準。 絞りは開放。 色合いはべた塗りの感じはなく自然な風合い。 実際の色に近いです。 ただ、発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Canon PowerShot G7 X

久しぶりにコンデジをGet! Canon PowerShot G7 Xです。 つい最近、こいつの新モデルMarkⅡが出まして 旧モデルとなってしまい、在庫のみの品薄状態且つ 価格もお買い得ということで思い切って行ってみた。 いつも行くキタムラさんで少々無理をして頂きまして・・・ で、当然MarkⅡの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チビ第二弾

うちのチビですが今日は怒られて少しご機嫌ななめでした。 眠くなると抱っこされても脱力状態で直ぐぐずる。 こういうところがまだまだガキであります。 先ほどまで亡くなった愛犬一号の写真と今のチビの写真を見比べて いたのですが、本当にそっくりな表情をする時があります。 お耳が寝ているか立っているかの違いだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ファッションショー?

デジカメ撮影コマンド再設定のためパチリと撮ったら・・・ 素っ裸のチビ柴ですが歩き方がしゃなりしゃなりと。 カメラ目線でまるでファッションショーのよう? それにしても長~いお耳。 このまま垂らすとと愛犬一号に早変わりします。 最近チビ柴は妻にしっかりと教育されてきて 結構いい子になってきました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

心が安らぐ一枚

最近ずっとお疲れモードなのでギターも弾かず。 久々何か安らぎたい気分です。 過去に撮った写真を”ボーっ”と見ていると亡くなった愛犬一号と 現在の愛犬チビ柴以外では、やはり風景に安らぎを覚えます。 ◆浜辺(長崎半島先端にある野母崎脇岬) ◆夕日に映える軍艦島(対岸から)  ※本当に軍艦が航行していように見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなのあったんだなぁ~

これスマホやデジカメ等のバッテリーチャージャーです。 最近のデジカメはコスト削減なのかチャージャーが付属していない。 つまりUSBをデジカメに挿して充電するのだが、予備バッテリーを 持っているとするとそれをデジカメに入れ充電する必要がある。 これがいちいち面倒! おまけに純正品のチャージャーは価格がバカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴリラポッド

先日デジカメXQ1でギターの演奏動画を撮った 時に使ったのがこのゴリラポッド。 元々デジカメを車に取り付けてドラレコ代わりに使えないかと 思い以前購入したもの。 色んな場所に巻き付けて固定できるアイデア商品ではあるが、 固定方法が甘いとデジカメが動いてしまいます。 先日固定してさぁ~撮ろうと思ったらズリッっと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

XQ1動画トライその2

Fuji XQ1の動画性能ははたしてどこまでいけるのか? 今回AC Booster Compを導入したことで試しに動画を撮影。 当然マイク性能はそれほど良くないはずなので音が歪んで 割れて濁って聴こえる。 実際はもっとクリアな音ではあるがこれが限界の模様。 ギターは Dimarzio Transitionを搭載…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Fuji XQ1の動画

Fuji XQ1の動画はフォーカス時の音やズームの音が他社よりも 大きく、録音時に入ってしまうといわれるため試しにトライ。 確かに動画のフォーカスを固定にセットせず撮影すると フォーカスしているカチカチ音が乗る。 これは不快です。 また、PオートやアドバンストSRオートで撮影すると今度は 画像がやけに暗く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年のLive即戦力の2機種 by FUJI XQ1

FUJI XQ1の被写体として2機種を撮ってみました。 今年活躍して頂くメインの2機種ですが、ここに載せていないTom Anderson The Classicはお蔵入りでななくリハで活躍していただく。 ・・・というのも、Tomくんのピックアップが正真正銘枯れたヴィンテージ サウンドということ、シングルピックアップの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FUJI XQ1

最近絶不調。特にストレスはないのだが体調不良が逆にストレス! 腎臓結石が再発したり、口内ヘルペスになったりして発熱が続き・・・ ちょっと前にデジカメを新調たが、こういう調子で殆ど使いきれていない。 今週のバンドリハでやる新曲2曲ができあがってないのだがなんとかなるか? ・・・でXQ1で撮ったのがいつものこれ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不調なEye-Fi

最近デジカメのEye-FiがPCに画像をアップロードしてくれない。 不調だったので、Eye-FiカードリーダーをPCに指して Eye-Fi Centerを立ち上げると”❢”マークがついている。 何度Wi-Fi設定をやっても”❢”がでる。 格闘すること1時間! 理由は単純。 Eye-F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nikon P310のアクティブDライティング設定

Nikon Coolpix P310の機能をいろいろ試している中、 アクティブDライティングの使い方を試行錯誤。 いつもの科学博物館の巨大ボールを被写体に確認。 モードはPオート、ピクチャーコントロールはビビット、ISOは全て100 上からアクティブDライティング①OFF②弱③標準④強 まず、空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PORTERのポーチとストラップ

Nikon Coolpix P310に付属していた本革製カメラケースが どうも僕には使いにくくしっくりこない。 そんな中、Loftでビジネスバックを見ていたときに吉田カバン PORTERのポーチが目に止まり衝動買い。 他のPORTERシリーズのように外部ポケットやベルトループがある 多機能なものではなく、外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ricoh GR Digital IV

先日Eye-Fiを購入した家電量販店でRicoh GR Digital IV をいろいろ触らせて頂いたが人気の理由が分かる気がした。 センサーは1/1.7型で約1,000万画素CCD、レンズは開放F1.9、 焦点距離28mm、単焦点(デジタルズーム)・・・ Nikon Coolpix P310とほぼ同等のレンズの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NikonのアクティブD-ライティング

Nikon Coolpix P310にはアクティブD-ライティング機能がある。 アクティブD-ライティング(ADL)とは・・・ ”明るい部分が真っ白に写って階調性がなくなってしまう「白とび」 と暗い部分が真っ黒に塗りつぶされて階調性がなくなってしまう 「黒つぶれ」の両方を抑えながら適度なコントラストを保つ”機能 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Eye-Fi Connect X2

大手量販店のポイントが溜まってきたので以前から 気になっていたEye-Fi Connect X2をGet! 早速付属のカードリーダーをPCへ差し自宅の無線LAN アクセスポイント等を登録し終え、デジカメへEye-Fiカード を入れ撮影してみた。 凄いねぇ~! 数分も立たないうちにPCの指定したフォルダーに上の画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nikon Coolpix P310とCanon IXY600F比較その1

いつものデジカメベンチマークセットで比較してみた。 まずIXY600F 次にP310 モードはいずれもプログラムオートで非発光。 IXY600Fは”くっきりカラー”の設定で鮮明さや輪郭感が上がった状態。 一方P310もPicture Controlのビビットのクイック調整を選択。 まず昨日から比較撮り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Nikon Coolpix P310のBlack

価格が下がってきたので漸く購入。 カメラのKさんで頑張って頂きました。 おまけに専用ケースまで付属。 室内撮りのために小型でレンズの明るいCanon Powershot S100 を物色していたが、価格が中々下がらないのでP310に。 レンズが明るいと薄暗い室内でフラッシュを焚かなくても良い。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gorilla Pod!ちょっとその前に・・・

本題からそれますが、先ほど米国時代の僕の同僚だったD氏から メールが・・・ I'm writing this with tears in my eyes,my family and i came down here to Manila,Philippines for a short vacation ・・・・ All …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Providence Final Booster VS Graviton Boost

禅駆動の太く暖かい音との相性はProvidence Final Booster の方が良いと思いGraviton Boostとスイッチした。 ただもう一回音量を同じにして両社を比較してみた。 Graviton Boostを2軍へ一旦落としたがやっぱりFinal Boosterと 共に1軍へ復帰させることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dull Sky by CANON IXY 600F

最近ちょっと気になり出しました。 冬場はウチのマンションから遙か彼方に雪をかぶった 美しい山々が見えて空気が澄んでいるのが分かります。 ところが最近は流石にそのような空ではない。 気がつけばもう3月。 晴れていてもどんよりとしていてなんとなく霞がかった感じ。 花粉が飛び交っているのか既に黄砂混じりなのか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CANON IXY1&3

本日外出ついでにCanonデジタルハウスへ立ち寄って 今度発売されるIXY1と3を見てきた。 まず四角いデザインが目を引きますがIXY1のホワイトが印象深い。 昔のIXYを思い出させる飽きが来ないデザインでいい。 ・1680万画素(総画素)、1010万画素(有効画素) ・1/2.3型CMOS ・焦点距離28mm~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more