改良されていました

Ultimate Guitar StandのGS-1000 Proです。
画像

ロッキングタイプの改良版。
画像

最近、長時間のリハが多いのでスタンドは必須。

吊り下げ式ではない持ち運びに便利なコンパクト折り畳み式
も持ってはいるが、やはり安定性という面では弱い。

吊り下げタイプはこれ以外に同社のGS-100やZENN
GSH3も使っているが、今回の改良版はクランプ部の
形状がストレートではなく下にくねっており、これが
絶妙な安定感をもたらしています。

ストレートなY字クランプでは、ネックを真っすぐに
置かないとダメだが、こいつは多少斜めに置いても
安定する。

ただ、安定といっても三脚形状は変わっていない。
画像

そこは吊り下げ式ではD&A社の5本脚スタンドが一番で、
ビクともしません(楽器屋で試してみました)。

折りたたんだ時の長手方向のコンパクトさでは
HERCULESとかと比較してもUltimateが一番です。

GS-100のクランプ部の材質は鉄だが、
GS-1000や1000 ProはアルミDC。

吊り下げ式として持ち運び等総合的に考えると
やはりUltimateがベストしょうか?

ちなみにZENN GSH3はコスパ高く、また使い易いです。

難点はクランプ部材がプラスチックで、折りたたみ時の
長さがUltimateより結構長くなることだけ。
画像


次回リハから1000 Proを持参します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント